2007年09月17日

こどもが障害児だとわかったとき・次女編

前回の記事で『「親」が「障害児の親」になる衝撃』について
少し触れたのですが・・・・・。

わたし自身、実は全くショックを受けませんでした^^;(エヘ)


まずは次女ですが、
幼稚園に4歳から入って最初の1年はなんの支障もなかったのですが、
年長になってから集団活動が困難だなぁと気づきました。

・ホールやお部屋から飛び出してしまう
・体操のとき、座って順番を待ったり、課題をまじめに取り組めない。
・文化会館など大きなステージでの発表会でさえ寝そべっている。

「いやぁ、担任の先生もよくここまで甘やかしたもんだなぁ。
家では全然手のかからない子なのに・・・」とか本気で思ってました。
実際別のクラスの担任のいうことは聞いているんですもの。
(後で気づいたのですが、多分指示出しがうまいのだと思います)

さすがに小学校の入学式で走り回っているのを見たときは
「あちゃー。やっちゃったかぁ^^; 」と思いつつ、
『この子は普通とはちょっと違うな』と思い始めていました。

入学式早々の居残り^^;

4月の早い段階で学校の方から
『専門医の診察を受けてみませんか』との打診がありました。
相当気を遣って言ってくれているのが分かりました。

・・専門医。。。。
病院の先生に診てもらうことなんて思いつきもしなかったわたし。
「それで分かるならすっきりしますよね^^」と早速予約を入れました。

次女に関して言えば言葉で指示出しするよりは
言葉と動作(視覚的な刺激)をセットにすれば
分かってくれると知っていたので
例えば、出かける前のお約束の復唱(3つほど)をしたり
実際出かけてからお約束が守れるようにフォロー、
出来なかったときのフォロー、
出来たときは十分ほめて強化。。。なんてことを
障害なんてことを意識せずにやっちゃってたもんだから、
生活に支障がないのは当然といえば当然なんです^^;

「頑固でかんしゃく持ちな性格、けれども素直な自己主張が出来て
 明るく面白い。少々忘れっぽい^^;」そんな個性的なヤツだと思ってて。

まあ、実際そうなんですけどw

専門医から「多動を伴う高機能自閉症です」と告げられたときに、
「気持ちが幼い、というのとは違うんですか?」と聞いたところ、
「そういうレベルの話ではありません」と言われ、こりゃ勉強だ〜!と
思ったことを記憶しています。

間違っても「えっ!うちの子って障害児??」なんていうショックは
微塵もなくて。。。^^;

むしろ子ども達の父親に「・・・何!うちの○○って頭おかしいのか?」とか
言われた時のほうがショックでしたね。

これまでも悲観したり、絶望したりとか全然なかったので
「暢気だね」と子ども達の父方の祖母に言われたり。。。
気は張ってるけれど、悲嘆にくれるよりはよい方に伸ばしたいなぁって
それだけ思っていたような気がします。

まあ、こんな風にしていられたのも
病院の先生や学校側の対応にとても恵まれていて、
適切な療育を受けられていたからかなと思います。
posted by ポルカ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。